前へ
次へ

賃貸管理を委託する場合

賃貸物件を経営していると、利用者の管理や家賃の計算など、色々と考えなければなりません。それら全てを1人や2人程度の少数で扱うのはとても難しいので、賃貸管理を委託するという選択肢があります。基本は賃貸管理を専門的に行なっている会社に委託する形で、いくらかの手数料を支払います。賃貸管理会社の数は多く、それぞれ提供するサービスの形態も多種多様です。家賃の管理のみを行なうところもあれば、利用者からのクレーム対応や建物のメンテナンスまで任せられる場合もあります。実際にいくつかの賃貸を経営しながら、別の管理も請け負っているところだと、成功へのサポートも受けられるでしょう。手数料は月ごとに支払い、任せる内容が多くなればなるほど高額になっていきます。そのため自分でできる部分は委託内容から除外できると、費用面での負担が少なくなります。そのため委託先を選ぶ際は、内容を細かく指定できることを条件にすると良いでしょう。

Page Top