前へ
次へ

賃貸管理を始めてみて

会社員として長く働いていた私は、貯金をためていくつかの投資用物件を購入し、それらの収入で生活していくべく思い切って会社を辞めました。賃貸管理を行う上では、業者に任せるということが通常のやり方だと思いますが、私の場合は物件を複数所有して、それだけで日々生活していくということで、賃貸管理は自分ですることにしました。始める前は、自分にできるかという不安が大きかったのですが、実際にやってみると思っていたより簡単でした。自分で賃貸管理をする上で一番注意が必要なのは、常に連絡を取れるようにしておくということと、何か合った時に修繕などを専門に行う業者をしっかりと把握しておくという事です。この2点さえ抑えておけば、あとは大きな問題にはならないと思います。逆に、連絡が取れない大家は、住んでいる方からの信頼を失いますし、修理をお願いされたとき業者について知識がなければ、すぐに対応できなかったり、適切でない業者にお願いをしてしまい、無駄に時間がかかったりコストがかかることになります。この2点を抑えられている人だけが、自分自身での賃貸管理ができるでしょう。

Page Top