前へ
次へ

賃貸管理で空室を避けるために重要なこととは

不動産投資の魅力は、何といっても毎月賃料収入が得られることです。入居者さえ確保できれば、毎月の安定した収入が期待できます。逆にいうと賃貸管理では、空室が続くと安定した収入が望めません。空室を避けるためには、入居者の回転を良くするか、今の入居者にできるだけ長く住んでもらうことが肝心です。後者の「今の入居者にできるだけ長く住んでもらう」ためには、入居者にとって良好な住環境を整えてあげることが大切です。つまり良好な住環境づくりは、賃貸管理において非常に重要な要素なのです。具体的には高速インターネット回線を導入したり、不測の事態に備えた24時間コールセンターを完備したりすることが挙げられます。一方退去の理由には結婚や転勤など、賃貸管理者がコントロールできない要素が多いです。それであっても、いざ退去した場合に次の入居者がすぐに入居できるような住環境を整えておくと、回転率が良くなり安定した賃料収入につながります。

Page Top